第14話 十ヶ月後★*(*は一行くらい)

前回から十ヶ月後、翌年の6月の話です。 『商人様』は、『領主様』となって新大陸からシベリヤのリャードフ家に戻ってきます。 陰気だったリャードフ家は、新しい奥様を迎え明るく賑やかです。領主様は令嬢リザヴェタに求婚しつつ、料 … 続きを読む 第14話 十ヶ月後★*(*は一行くらい)

第15話 領主と女農奴●

『私』こと『領主様』エヴゲーニイ・パヴロヴィチは、深夜、 料理女アクリナに忍んでくるように命じます。 もう、リャードフ家からアクリナを買い受ける話は決まっています。 ●最後までの性描写があります。殺伐としています。 6月 … 続きを読む 第15話 領主と女農奴●

【第16話(1827年10月)あたりの時点での登場人物紹介】

■スモレンスク県某郡Я村の人たち ● エヴゲーニイ・パヴロヴィチ・Я 30歳 『私』こと『領主様』。語り手で主人公。 抵当に入っていた農奴600人の領地を取り返す。 放埒かつ繊細で美男の駄目人間だったが、領地を取り戻して … 続きを読む 【第16話(1827年10月)あたりの時点での登場人物紹介】

第16話 婚姻の機密★(けっこうくどいです)

領主になって領地に戻った『私』こと『領主様』エヴゲーニイ・パヴロヴィチと令嬢リザヴェタの結婚式が開かれます。後半は初夜のような何かです。 ★くどい性描写があります。 10月18日,1827年 私とリザヴェタ・リャードワの … 続きを読む 第16話 婚姻の機密★(けっこうくどいです)

第17話 「どうして売られた?」●*

今回は、領主様が、令嬢リザヴェタとの結婚式も三日にわたる初夜も無事に済ませ、四日目の朝から愛人のアクリナのところに行く話です。 少々ダークです。 ●最後までの性描写があります。*後半の回想シーンに残酷な描写があります。 … 続きを読む 第17話 「どうして売られた?」●*

第18話 『Voilà tout……それで全部です』★*

新生活をはじめた領主様と新妻のリザヴェタ。 後半は、リザヴェタを連れてモスクワまで人に会いに行く領主様の話です。会いに行くのは昔のアクリナを知っている人です。 ほのぼのと始まってダークに行き、ほのぼので終わります。 ★* … 続きを読む 第18話 『Voilà tout……それで全部です』★*

第20話 身代わりの鞭*★

降誕祭を前に、忙しくなりだしたЯヤー家。領主様のまえに、隣家から使者が来ます。隣家の領地に入り込んだ農奴がいて、当主がたいそう怒っているとのこと。その農奴を鞭打つと息巻いていること。……隣家に捕まった農奴はアクリナでした … 続きを読む 第20話 身代わりの鞭*★