第29.5話(長いおまけ)カエル★

領主様32歳。穏やかな春の日に、領主様はアクリナと領地の端の湖に釣りに出かけます。 湖にはカエルが大発生していました。そしてさらに、宿敵? 隣家の当主アレクサンドル・ポポフの一行が船でカエルをかき分け突撃してきました。 … 続きを読む 第29.5話(長いおまけ)カエル★

第29話 グロテスクな昼餐会★*

隣家の領主から昼餐会の招待状が届きます。 招待主は、昨年『領主様』を鞭打った人物です。領主様が昼餐会に行くと他の客は幼なじみのレオニード・バシュキロフだけ。 食卓の白いテーブルクロスを剥がすと裸体にされた農奴の娘が横たわ … 続きを読む 第29話 グロテスクな昼餐会★*

第28.5話(おまけ) 二人の女と一人の男★

『第28話 三人』の直後のおまけのような話です。リザヴェタ奥様に悪行が発覚した領主様。アクリナのところに半裸のリザヴェタ奥様を連れて行き、無理矢理快楽を教えます。 そんな状態にも一段落つき、疲れた領主様は眠り始めます。元 … 続きを読む 第28.5話(おまけ) 二人の女と一人の男★

【第27話(1828年8月末)あたりの時点での登場人物紹介】

● エヴゲーニイ・パヴロヴィチ・Яヤー 31歳 『私』こと『領主様』。語り手で主人公。 抵当に入っていた農奴600人の領地を取り返す。 放埒かつ繊細で美男で洒落者の駄目人間だったが、領地を取り戻してそれほど駄目人間でもな … 続きを読む 【第27話(1828年8月末)あたりの時点での登場人物紹介】

第27話 生きものたちの生と死●

前話から7ヶ月、1828年も8月後半です。領主様は本人も言うように『しつこい男』なので、飽きもせずアクリナのところを訪れ、子供のようにいちゃいちゃしています。 翌朝、使者としてヒローシャが訪れます。 ●最後までの性描写が … 続きを読む 第27話 生きものたちの生と死●

第26話 妻と小間使いたち★

妊娠三ヶ月になるリザヴェタ奥様。階段に蝋を塗られ、転倒してしまいます。奥様はずっと小間使いたちに嫌がらせを受けていたことが明らかに。領主様が、愛する妻のため、酷い捜査方法で蝋を塗った犯人を捜します。 今回登場するЯ家の奉 … 続きを読む 第26話 妻と小間使いたち★

第25話 ルサールカ-水の精●*

領主様は、リザヴェタ奥様の妊娠を領主館の人たちに発表したようです。でも疲れて逃げだします。 湖で釣りをしながら、愛人のアクリナといちゃいちゃしているだけの話です。 ●最後までの性描写があります。 *少し残酷な描写が入りま … 続きを読む 第25話 ルサールカ-水の精●*

第24話 アブドーチャ 3 領主と農奴の系図★*

領主様は悪魔憑き女クリクーシャになった農奴の娘・アブドーチャを婚家から救い出します。 領主様は、アブドーチャの実家や婚家を調べようとします。三代前の領主が作った、入り組みまくった『領主と農奴の系図』を見ることになります。 … 続きを読む 第24話 アブドーチャ 3 領主と農奴の系図★*