第19話 ポルチャ(疫病)5

隣家バシュキロフ家で広まっているチフス。 チフスは冬に流行するものなのですが、今は夏です。 バシュキロフ家では、頼りない領主代理のレオニードと新米家令のかわりに、 『魔女』ツェレスタことツェレスティナがどうやら病人を仕切 … 続きを読む 第19話 ポルチャ(疫病)5

第19話 ポルチャ(疫病)4

バシュキロフ家の魔女ツェレスティナは、疫病対策として『遺体を焼く』よう、他の農奴に命じていました。バシュキロフ家から帰ろうとした領主様は、西南の隣家「ポポフ家」の有能な家令ポヤルコフに、バシュキロフ家の探検に誘われます。 … 続きを読む 第19話 ポルチャ(疫病)4

第19話 ポルチャ(疫病)3*

領主様とセミョーノフ医師は、レオニードに連れられて、一番疫病が激しいという場所に連れて行かれます。そこでバシュキロフ家の農奴たちに会いますが、彼らは奇妙な行動をしています。 魔女のツェレスタが現れました。…… (なんとい … 続きを読む 第19話 ポルチャ(疫病)3*

第19話 ポルチャ(疫病)2

夏の日曜日、さわやかな空の下、湖でアクリナと釣りを楽しんでいた領主様。 ヒローシャが探しに来て、一大事が起こったことを告げます。 4. バシュキロフ家の領主館 私はヒローシャに馬車に乗せられた。ヒローシャはキラキラした黒 … 続きを読む 第19話 ポルチャ(疫病)2

第19話 ポルチャ(疫病)1

領主様がまた湖でアクリナをつれてさぼっています。アクリナに『お友達』ができたと聞いて驚く領主様。 少し長いお話の導入部分です。 7月, 1831年 1.南の湖 アクリナの友達 聖霊降臨祭、ルサールカの週(ルサーリナヤ・ニ … 続きを読む 第19話 ポルチャ(疫病)1

第18話 エルマーコフ家

イアが熱を出しました。疲れが溜まっていたようです。 いっそイアを生家に帰そうかと考える領主様。 イアの小間使いであった少女ダリヤーナを呼び、実家『エルマーコフ家』のことを尋ねます。 『イアが父上を殴った話』に呆然とする領 … 続きを読む 第18話 エルマーコフ家

第17話 青髭公 3『花嫁たち』4●

教会に向かう途中、チェルニャーク大佐が二人だけで話したいと言いだします。 思いがけないことを言われたリザヴェタ奥様は、激怒します。 -- ●わりとしつこい性描写があります。 5月6日,1831年 聞き返すと、チェルニャー … 続きを読む 第17話 青髭公 3『花嫁たち』4●

第17話 青髭公 3 『花嫁たち』3★

チェルニャーク大佐から『夜一時、応接間にて待つ』という紙切れを渡されたリザヴェタ奥様。 大佐は堅苦しく無骨ではありますが、男性的な魅力もあります。 ★ほんの少し性的な描写があります。 5月6日,1831年 ランプの火は細 … 続きを読む 第17話 青髭公 3 『花嫁たち』3★

第17話 青髭公 3 『花嫁たち』2

やっとチェルニャーク大佐が訪れます。 高潔で、少し不器用ながら誠実な人物のようです。 リザヴェタ奥様は懐かしく再会したのですが、大佐は領主様を見た途端、様子が変わります。 5月5日,1831年 玄関間に立ったチェルニャー … 続きを読む 第17話 青髭公 3 『花嫁たち』2

第17話 青髭公 3 『花嫁たち』1

視点人物はふたたびリザヴェタ奥様に戻ります。 週末、Я家にはリザヴェタ奥様のお父様の部下であった、有能な独身の将校が訪問する予定です。 領主様は何故かそのチェルニャーク大佐がイアと結婚してくれないかと期待しています。 大 … 続きを読む 第17話 青髭公 3 『花嫁たち』1