第18話 エルマーコフ家

イアが熱を出しました。疲れが溜まっていたようです。 いっそイアを生家に帰そうかと考える領主様。 イアの小間使いであった少女ダリヤーナを呼び、実家『エルマーコフ家』のことを尋ねます。 『イアが父上を殴った話』に呆然とする領 … 続きを読む 第18話 エルマーコフ家

第17話 青髭公 3『花嫁たち』4●

教会に向かう途中、チェルニャーク大佐が二人だけで話したいと言いだします。 思いがけないことを言われたリザヴェタ奥様は、激怒します。 -- ●わりとしつこい性描写があります。 5月6日,1831年 聞き返すと、チェルニャー … 続きを読む 第17話 青髭公 3『花嫁たち』4●

第17話 青髭公 3 『花嫁たち』2

やっとチェルニャーク大佐が訪れます。 高潔で、少し不器用ながら誠実な人物のようです。 リザヴェタ奥様は懐かしく再会したのですが、大佐は領主様を見た途端、様子が変わります。 5月5日,1831年 玄関間に立ったチェルニャー … 続きを読む 第17話 青髭公 3 『花嫁たち』2

第17話 青髭公 3 『花嫁たち』1

視点人物はふたたびリザヴェタ奥様に戻ります。 週末、Я家にはリザヴェタ奥様のお父様の部下であった、有能な独身の将校が訪問する予定です。 領主様は何故かそのチェルニャーク大佐がイアと結婚してくれないかと期待しています。 大 … 続きを読む 第17話 青髭公 3 『花嫁たち』1

第16話 青髭公 2 『花嫁の心得』2●

後半です。注意 ●性交場面があります。 裏庭に出た。今日は晴れているが風が冷たい。私は絹の帽子を深くかぶり直す。 イアはアクリナのところであろう。それともレオニード・バシュキロフと一緒にどこかに行ったのか? レオニードの … 続きを読む 第16話 青髭公 2 『花嫁の心得』2●

第28.5話(おまけ) 二人の女と一人の男★

『第28話 三人』の直後のおまけのような話です。リザヴェタ奥様に悪行が発覚した領主様。アクリナのところに半裸のリザヴェタ奥様を連れて行き、無理矢理快楽を教えます。 そんな状態にも一段落つき、疲れた領主様は眠り始めます。元 … 続きを読む 第28.5話(おまけ) 二人の女と一人の男★

第14話 十ヶ月後★*(*は一行くらい)

前回から十ヶ月後、翌年の6月の話です。 『商人様』は、『領主様』となって新大陸からシベリヤのリャードフ家に戻ってきます。 陰気だったリャードフ家は、新しい奥様を迎え明るく賑やかです。領主様は令嬢リザヴェタに求婚しつつ、料 … 続きを読む 第14話 十ヶ月後★*(*は一行くらい)

第10話 「なんて不誠実な……」

前半は、『私』こと『商人様』エヴゲーニイ・パヴロヴィチが令嬢リザヴェタに送った、かなりひどい求婚の書簡です。(これで、喜んで承諾してくれる女性はかなりまれではないかと思います) 後半は、商人様、リザヴェタ嬢、アクリナの三 … 続きを読む 第10話 「なんて不誠実な……」